就労支援事業所とは?疑問をプロの就労支援員が解説!

メンタルヘルス全般

障がいと闘う方は、仕事ができないと思っていませんか?

うつ病のわたしもそう思い込んでいましたが、友人の紹介で“就労支援事業所”について知り、20代半ばから通所をはじめました!

“就労支援事業所”という言葉に聞き覚えがない方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

実は、様々な障がいと闘う方が仕事復帰するために支援してくれる“就労支援事業所”を利用して、自分に合った仕事を見つけることができるんです!

わたし自身も、“就労支援事業所”にて今の仕事であるウェブライターとして活動できるように、様々な支援をしていただきました。今回は、就労に関してアドバイスをいただいた、就労支援員のMさんに“就労支援事業所”について色々教えていただきました!

宜しくお願いします!

こちらこそ、宜しくお願いします!

というわけで!わたしも実際に利用している“就労支援事業所”について、就労支援員の方に詳しく解説していただきますね!

スポンサーリンク

就労支援事業所とは?

Mさん、そもそも“就労支援事業所”とはどのようなサービスを提供しているんですか?

就労支援事業所とは、様々な障がい(精神障がい・知的障がい・発達障がい・身体障がい・難病等の内部障がいなど)があり、就労が困難だと感じている方に対し提供する就労支援サービスを行う事業所です

そうなんです。
“就労支援事業所”では、企業への就労を希望している方が就労できるように支援するサービスや、企業への就労が困難な方に働く場所と仕事を提供するサービスなどを行っているのです。

サービス及び支援は4種類あり、その人の希望によって利用できるサービス・支援が決められます。

では、4種のサービス及び支援についてMさんに解説していただきます。

サービス・支援の違い

▽就労移行支援事業所

Mさん、この“就労移行支援事業所”とは何ですか?

“就労移行支援事業所”は、障がいがあり単独での就労活動が困難な方を対象にしたサービスを提供する事業所です

この“就労移行支援事業所”は、本人が就労を希望しており、企業への雇用が可能だと見込まれる場合に利用できます。

その方の障がいに応じて、事業所職員の配慮のもと就労に関する知識を学ぶことができます。

《対象者》
・障がいがある方
・就労を希望しているが、単独での就労活動が困難な方
・サービス利用開始時に65歳未満である方

《主な支援》
・就労訓練
・職場見学
・職場体験
・求職活動支援
・就労後の相談支援
・その他必要な支援

▽就労継続支援A型事業所(雇用型)

次に“就労継続支援A型事業所(雇用型)”ですが…継続?雇用型?不思議な単語が出てきましたが…

そうですね。この“就労継続支援A型事業所(雇用型)”とは、企業で働くことが困難な障がい者の方々に、雇用契約に基づいて働く場所・仕事を提供するサービスのことです

“就労継続支援A型事業所(雇用型)”は、事業所と障がい者が雇用契約を結び、事業所で提供される仕事を行うことができます。つまり一般企業へ就職せずに、事業所で時給をもらいながら働くことができるのです。

《対象者》
・障がいがある方
・企業への就労が困難である方
・事業所との雇用契約に基づいて、継続的に働くことが可能な方
・サービス利用開始時に65歳未満である方

《主な支援》
・仕事の提供
・就労訓練
・その他必要な支援

▽就労継続支援B型事業所(非雇用型)

ん?さっきの“就労継続支援A型事業所(雇用型)”とよく似た名前ですが…?

確かに名前は似ていますが、サービスや支援は大きく変わってきます。この“就労継続支援B型事業所(非雇用型)”は雇用契約を結ばずに働く場所や仕事を提供するサービスです。時給換算ではないので、その日の体調に合わせて自由に働くことができます。もちろん作業した分のお金も受け取れますよ

就労継続支援B型事業所(非雇用型)”は、その日の体調や気分に合わせて仕事ができるため、体調に波のある方におすすめです。また事業所によっては、花見や旅行、クリスマスパーティーといった様々なレクリエーションの提供も行っています。

《対象者》
・障がいがある方
・企業への就労が困難である方
・雇用契約を結ばず、自分のペースで働くことを希望されている方
・サービス利用開始時に65歳未満である方

《主な支援》
・仕事の提供
・悩みなどの相談支援
・レクリエーションなどの提供
・その他必要な支援

▽就労定着支援事業所

最後の“就労定着支援事業所”についてですが、この事業所ではどんなサービスを提供しているのですか?

この“就労定着支援事業所”では、事業所を通して就労した方の支援を行っています

就職が決まったあと、たった一人で働いていくことに不安を感じる方も多いかと思います。その不安から就労を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか?

“就労定着支援事業所”では、事業所から一般企業に就労した方が働き続けていくための支援を行います

《対象者》
・利用する施設から企業へ就職した方

《主な支援》
・月1回以上の面談
・事業主との連絡調整
・その他必要な支援

サービス利用開始までの流れ

Mさん、もしも事業所への通所を希望した場合って…何をしたらいいんでしたっけ?忘れてしまいました…!

はい、どの事業所も基本的にサービス利用開始までの流れは同じです!順を追って説明しますね

就労支援事業所への通所を希望される場合、まずは施設に直接、または市町村へ利用希望の旨を伝えにいきます。

その後ほとんどの事業者では無料の体験や見学が可能で、その際に今後利用するかを決めることができます。

「今は難しそうだ」と感じた場合は断ってOKですし、体調次第で再び体験や見学を行うことも可能です。

そして就労支援事業所への通所を決めた方は、市町村へサービス利用のための申請を行います。

調査員による聞き取りを受けて障がいの程度を判定し、就労支援事業所でのサービス利用の決定が行われます。最後に“障害福祉サービス受給者証”が交付され、サービスの利用開始となります。

おすすめの就労支援事業所5選

では、最後におすすめの就労支援事業所を5つほどご紹介します。

今回ご紹介するのは“就労移行支援事業所”のみとなっています。

最初に、あなたのお住まいの地域に今回おすすめする就労支援事業所があるかどうか、確認してください。

就労移行支援事業所ココルポート:東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡
就労移行支援事業所ミラトレ:東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫
就労移行支援事業所リンクビー:東京・大阪
就労移行支援事業所リドアーズ:東京
就労移行支援事業所ジョブトレ:東京

次に、各事業所で利用可能な障がいの種類をご確認ください。

就労移行支援事業所ココルポート:精神障がい・発達障がい・知的障がい・身体障がい
就労移行支援事業所ミラトレ:精神障がい・発達障がい・知的障がい・身体障がい・難病等の内部障がい
就労移行支援事業所リンクビー:発達障がい
就労移行支援事業所リドアーズ:統合失調症
就労移行支援事業所ジョブトレ:精神障がい・発達障がい・知的障がい・身体障がい・難病等の内部障がい

これらを確認した上で、今からおすすめする事業所の説明をご覧いただき、興味が湧いた事業所が見つかりましたらぜひ体験や見学に足を運んでみてください!

1.就労移行支援事業所ココルポート

“就労移行支援事業所ココルポート”を利用し就職した方は首都圏だけでも1,290名と非常に多くなっています。

また、就労先の企業が大手揃い!日本郵便株式会社や株式会社住宅情報館、株式会社GUや株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドなどなど…誰もが聞いたことのあるような大手企業への就職を目指せます。

更にダンス・農業・音楽療法といった90種類以上のプログラムが用意されているので、自分の得意なことを見つけることも可能となっています。

ランチ代や交通費の助成を行っているため、助かっている利用者も多いようです。

【こんな方におすすめ】
▽Word・Excel・PowerPointなどのパソコン技術を学びたい方
▽ビジネスマナーを学びたい方
▽運動や余暇活動を楽しみたい方
▽通所交通費・ランチの助成を受けたい方

障がい者の就職を支援する就労移行支援事業所 Cocorport(旧社名:Melk) ←公式サイト

2.就労移行支援事業所ミラトレ

“就労移行支援事業所ミラトレ”では、担当の支援員が利用者一人ひとりに悩みや困っていることを確認し、それぞれの利用者のペースや状況に合わせた支援を提供してくれます。

就労のための訓練のみならず、コミュニケーション能力向上を重視したプログラムを受けられるため、人付き合いが苦手な方も安心です。

サービス業や情報通信、官公庁といった様々な分野の企業に就労できるため、利用者の希望や病状に合った就職先が見つかります。就職先の主な職種も事務・軽作業・技術職・サービスなど幅広いです。

【こんな方におすすめ】
▽コミュニケーション能力を向上させたい方
▽生活リズムを整えたい方
▽長期的な就労を目指している方
▽感情をうまくコントロールしたい方

障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】 ←公式サイト

3.就労移行支援事業所リンクビー

“就労移行支援事業所リンクビー”は、発達障がい者の方専門の就労支援事業所です。

就労経験の有無を問わず、利用者の強み・特性をしっかりと活かした働き方ができるようにサポートしてくれます。発達障がい専門の…とあるだけあって、症状に特化した専門的なサポートを行ってくれますよ。

事務職の仕事をメインとした職業トレーニングも受けられるので、事務職に興味のある方や「発達障がい者だから一般企業で働くのは無理だ」と諦めている方はぜひ体験や見学に足を運んでください。

【こんな方におすすめ】
▽発達障がい者の方
▽自分の障がいについて、よく理解できない方
▽事務職に興味のある方
▽自分に合った仕事を見つけたい方

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】 ←公式サイト

4.就労移行支援事業所リドアーズ

精神障がいの中でも、統合失調症の方のみが利用できる専門的な“就労移行支援事業所リドアーズ”。

一般的な就労支援だけでなく、“ストレスマネジメント研修”という症状のコントロールをしつつ長期的に労働能力を発揮できる力を身に付けるための研修を受けることができます。

自分の得意・不得意を探せる作業も行え、それぞれの利用者に合った仕事を理解するためのサポートも受けられます。

【こんな方におすすめ】
▽統合失調症の方
▽症状を落ち着かせ、就労したい方
▽自分に合った仕事を見つけたい方
▽パソコンのスキルを上げたい方

統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】 ←公式サイト

5.就労移行支援事業所ジョブトレ

未経験でも本格的なWEB製作について学べる“就労移行支援事業所ジョブトレ”。

経験者でも未経験者でも、WEB製作と関わる仕事がしたい方におすすめの就労移行支援事業所です。

こちらで学んだ知識を活かしWEBデザイナーとして活動する卒業生が多く、他にもWEBサイト製作などの仕事をされている方もいらっしゃるようです。

【こんな方におすすめ】
▽手に職をつけたい方
▽パソコンを使う仕事に興味がある方
▽デザインやモノ作りが好きな方
▽モノ選びやおしゃれが好きな方

Web・ITスキルが身につく障害者支援サービス【atGPジョブトレIT・Web】 ←公式サイト

まとめ

どんな障がいがあっても、希望すれば誰もが自分に合った仕事を見つけられます。

あなたや、あなたの家族が「働きたい!」と望んでいるならば、ぜひご希望の就労支援事業所へ足を運び無料の体験や見学をしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました