梅昆布茶の魅力がすごい!安眠効果やストレス軽減効果も

心身ともに健康になるために

みなさん、おかえりなさい!おつかれさま!
うつ病当事者兼、上級心理カウンセラーの小春ひよりです。

近年、夏だけでなく1年中ずっと脱水症の予防が必要とされています。

水やお茶、スポーツドリンクなど様々な飲料水が手軽に飲める現代ですが、今回は

・夜寝れない…。
・ストレスがたまる…。
・なかなか痩せない…。
・疲れやすい…。
・便秘で辛い…。

という方におすすめの飲み物、梅昆布茶の魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

梅昆布茶とは

梅昆布茶は、疫病が流行ったと言われている西暦951年から沢山の方に愛されている飲み物と言われています。

原材料は

・梅肉
・昆布
・シソ
・食塩
・砂糖
・香料
・酸味料
・アミノ酸等の調味料

が主とされています。

また梅に含まれるクエン酸や、昆布に含まれるアルギン酸やヨードなど、身体に嬉しい成分がたくさん含まれています。

クエン酸には血液をサラサラにする効果や免疫力向上、胃腸などに悪い影響を与えるピロリ菌の活動抑制といった効果があります。また、疲労やストレスの原因と言われている乳酸を分解してくれるのも魅力です。

アルギン酸は天然の植物繊維であるため、便秘解消やダイエット効果、血圧上昇の抑制や動脈硬化を予防するといった効果があります。

ヨード(ヨウ素)はミネラルであり、新陳代謝を活発にし、美しい肌を作ってくれます。

他にも梅や昆布には様々な成分や効果があります。次に、梅昆布茶の効果や魅力を更に詳しくお伝えいたします!

梅昆布茶の効果・魅力6選

それでは、梅昆布茶を飲むことで得られる効果や梅昆布茶の魅力をご紹介します。

1.ダイエット効果

梅昆布茶には、フコダインとアルギン酸という成分が含まれています。これらは脂肪・糖質の吸収を抑制し、タンパク質を活性化させて体脂肪を燃やすという効果があります。また便秘解消効果もあるため、ダイエット効果の高い飲み物だと言われています。

更にフコダインとアルギン酸は、コレステロール値を下げる力も兼ね備えています。

また低カロリーでありながら、とろみのあるお茶なので満腹感を与えてくれる効果も期待できます。間食や夜食の際に非常におすすめですよ。

2.代謝アップで健康的に

梅昆布茶に含まれているヨード(ヨウ素)は、甲状腺ホルモンの主原料と言われています。甲状腺ホルモンは代謝アップの手助けをしてくれるため、痩せやすい身体作りや免疫力向上、美肌や美しい髪の毛を作ってくれます。

また代謝が上がると体温も上がり、その結果肩こりや腰痛が改善したり、むくみや冷え性が落ち着くほか、病気の予防にもなり健康的な身体を作ることができます。

ただし、甲状腺ホルモンが多くなりすぎると身体に悪影響が現れます。健康的な身体を作るためにも、梅昆布茶の飲み過ぎはよくありません。

3.疲労回復・安眠効果

梅昆布茶には、クエン酸やリンゴ酸といった有機酸が多く含まれています。この有機酸には、栄養素をエネルギーに変える効果があります。また、クエン酸は疲労・ストレスの原因と言われる乳酸を分解する効果もあるのです。そのため身体が元気になり、疲労回復の効果が見られるのです。

他にも身体の凝りや痛みの緩和効果もあるため、その結果安眠効果を感じられます。ノンカフェインというのも、眠りの質を高めたい方にぴったりですね。

夜眠る前にゆっくりとコップ一杯の梅昆布茶を味わうことで、疲れと不眠知らずの身体を手に入れられますよ。

4.便秘解消効果

昆布にはフコダインとアルギン酸といった水溶性食物繊維が非常に多く含まれています。

食物繊維には便秘解消や腸内環境を整える効果があるため、昆布が使われている梅昆布茶は便秘で苦しんでいる方におすすめの飲み物となっています。

他にも、フコダインには免疫力向上や癌の抑制効果、アルギン酸にはコレステロールを下げる効果・動脈硬化の予防・血圧上昇抑制といった効果も見られます。

5.食欲増進

梅に含まれるクエン酸(酸味・すっぱい成分)には、唾液と胃液の分泌促進の効果があるとされています。そのため食欲が湧き、暑い夏も夏バテ知らずの健康な状態で過ごすことができます。

他にも血液をサラサラにしたり、免疫力向上やピロリ菌の活動抑制といった効果もあります。また、疲労やストレスの原因と言われている乳酸を分解してくれるのも魅力です。

「最近食欲が湧かないな…。」と感じている方は、食前に梅昆布茶を飲んでみてはいかがですか?

6.夏場の水分補給に最適

梅昆布茶には経口補水液と同程度の濃度である塩分や、他にも糖分・アミノ酸・クエン酸といった成分が含まれているため、経口補給液の代わりに夏の水分補給時にぴったり。

飲み方としては、梅昆布茶を冷やして飲むのはもちろん、COOK PADにて管理栄養士のFトモさんが紹介していた「梅こんぶ茶味の経口補水液」も非常におすすめです。

おすすめの梅昆布茶は?

今まで様々な梅昆布茶を飲んで来ましたが、わたしが「もうこの梅昆布茶以外飲めない!」と感じるほど飲みやすく、おいしかった商品をご紹介します。

こちらの梅昆布茶は、粉末の梅昆布茶と比べると非常に旨味が強く、また贅沢に北海道産の昆布を丸々使用しているため飲み応えもあります。昆布は梅昆布茶を飲み終わった後に食べることもでき、とても美味しく驚きました!

美味しい梅昆布茶に出会いたい方には、一度飲んでいただきたい商品です!

※アマゾンで買う→
北海道産こんぶ使用・贅沢梅こんぶ茶(お徳用27袋入り)
北海道産こんぶ使用・贅沢梅こんぶ茶(15袋入り)

梅昆布茶の美味しい飲み方

粉末の梅昆布茶は、とても簡単に作れます。

マグカップにティーパックや決まった量の粉末、そしてお湯を注ぐだけでホットの梅昆布茶が完成しますし、水と氷を使うと冷たくて夏にぴったりな冷やし梅昆布茶が楽しめます。中にはホット専用の商品もありますが、その場合はお湯でホットの梅昆布茶を作ってから水を入れても冷やし梅昆布茶は作れますよ。

飲むタイミングとしては
・朝
・汗を掻く前
・寝る前
がおすすめです。

調味料にも使える

梅昆布茶は飲むだけでなく、調味料としても使えます。

減塩を行っている方には塩や醤油の代わりとして味付けに使用できますし、浅漬けなどの漬け物を作ったり、海苔と一緒にご飯に乗せてお茶漬けの素としても使えます。また、パスタや焼きそばといった麺類の味付けに使用しても非常に美味しいです。

わたしのおすすめは、なんといっても白米と合わせた調理。お茶漬けの素としてはもちろん、冷蔵庫の中に中途半端に余っている野菜や肉を使ったチャーハンの味付けとして使用したり、夏バテ気味の時期に熱々の白米と混ぜておにぎりを作ったり…梅昆布茶×白米の組み合わせは最高ですよ!

飲む際の注意事項

梅昆布茶には食塩や砂糖、甲状腺ホルモンを活発化させるヨード(ヨウ素)が含まれているため、たくさん飲みすぎると身体に悪い影響が出る場合があります。

そのため、コップ一杯分を一日に数回(一~二回)程度飲むようにしましょう。

美容や健康に良い梅昆布茶ですが、飲みすぎも良くないことをしっかり覚えておいてくださいね。

まとめ

歴史の深い梅昆布茶には

1.ダイエット効果
2.代謝アップで健康的に
3.疲労回復・安眠効果
4.便秘解消効果
5.食欲増進
6.夏場の水分補給に最適

といった、非常に優れた効果がたくさんあります。

健康的な身体を維持したい方や精神疾患と闘っている方、ダイエット中の方などは、ぜひ梅昆布茶の効果を感じてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました